どう説明する?子供がわきがの親の悩み

どう説明する?子供がわきがの親の悩み

どう説明する?子供がわきがの親の悩み

子供がわきがだと気付いたら

子供の洋服を洗おうと思って洗濯物を掴んだ時に、悪臭を感じたことがあるという母親は多いでしょう。しかし、それがワキガなのか、それともただの汗のニオイなのか判断できない、子供なのにわきがってあるの?と疑問に感じる人もいますが、実は子供でもわきがになるのです。早い子ですと未就学児ぐらいからわかることもあります。しかし、わきが自体は思春期あたりから明確になってくることが多く、未就学児や小学生ぐらいですと他の要因も考えられる為、判断が難しいでしょう。低年齢の場合は、体臭などが原因の場合もありますので、様子を見るようにしましょう。思春期あたりからわきがになることが多く、本人に自覚がない場合もあります。

またわきがは遺伝することも多いと言われ、家族に症状がある人がいる場合はかなりの確率で発症してしまうでしょう。子供自身は自分のニオイに鈍感ということが多く、周りの友達に「クサイ!」と言われていないかなど心配になると思います。しかし、本人に直接伝えることはいくら親でもナーバスになってしまうものです。そのまま放置していても何も解決できないどころか、子供自身を追い詰めてしまう結果を招く可能性もありますから、ここは親としてしっかり伝えて、説明してあげることが必要でしょう。子供がわきがだと気付いたら、まずは母親ができることから始めます。衣服などに消臭スプレーを吹きかけておくことや、抗菌スプレーなどを使用し、子供にわからない場所で対策をとりましょう。

また、「このスプレー良いニオイがするよ」と制汗スプレーを使うように促すという方法もあります。本人に直接伝えてあげることも大切ですが、まずは子供の心を傷つけないように、サポートできることから始めましょう。また、本人に自覚がある場合で相談をしてくるのであれば、しっかりと話し合いを持つことも大切です。わきがというのは、脇の下から特有のニオイを発するものであって、病気ではないということをまず説明しましょう。思春期の子供は他人と違うということにとても敏感で、ちょっとしたことでも気にしてしまうものです。特に目に見えないニオイというものに対して、ストレートな言葉を伝えてくることが多く、悩んでいる子供にとってはとても苦しいものなのです。

まずは、「特別なことではない」ということを伝えてあげるようにしましょう。また、わきが治療に関しても、様々な方法があることを説明し、どのように解決していくかを相談しましょう。子供にとっては、自分の体が劇的に変化していく時期でもありますから、戸惑いの方が大きく、混乱してしまうことがよくあります。その為、母親が「大丈夫」という落ち着いた態度を示すことも大切でしょう。子供本人が自覚がない場合、気付かせてあげるアプローチを必要になってくるでしょう。自覚がないまま、何もしないでいることで子供がいじめられてしまうこともありますから、親としては自覚をさせ、一緒に治療をしていくようにもっていくことが大切です。自分が言われて傷つくような言葉かけだけは避けるようにしてください。

 

子供のわきが治療に手術はお勧めできません

わきがの治療と言えば、真っ先に思いつくのが手術ではないでしょうか。悩んでいる人にとって完治させる方法として一番に考える人が多いでしょう。わきがは、脇の下にあるアポクリン汗腺から出る汗と皮脂や雑菌などが混ざりあうことで独特のニオイを発生させてしまいます。脇の下にはエクリン腺とアポクリン腺があるのですが、エクリン腺から出るものにはニオイはなく、アポクリン腺にはミネラルを多く含む汗が出ます。このミネラルを含む汗が皮脂や雑菌と混ざることによって独特のニオイになり、蒸発しやすいエクリン腺から出る汗によって周囲にニオイを拡散してしまうのです。これを解決するには、アポクリン腺を切除することで改善できると言われています。

しかし、子供の場合はまだ成長過程であるが故に、このアポクリン腺を切除してもまた増加する可能性があるのです。信頼のおけるクリニックで、思春期以降に手術をした場合は、何度もすることはなく済む場合もありますが、成長過程での手術にはいろいろな不具合が出てきやすく、あまりお勧めすることができません。では、そのままの状態をキープしておくことが正解かと言われれば、それもまた違うと言えるでしょう。子供の場合は自覚がないまま生活をしていることが多く、いきなり手術をしようと言われてやる気になる子供はいませんし、自分が人にニオイを拡散させているという事実を知ってショックを受けない子供もいないでしょう。

手術をする前に、まずはデオドラントクリームなどを使用して、対処してみましょう。しかし、本人に直接「ニオイがするから塗りなさい」と伝えてしまうのはタブー。あくまでも子供を傷つけないようにしてあげることが大切です。まずは、汗のニオイをケアすることが大切で、マナーでもあると教えてあげるのです。マナーを守ることがいかに必要かを小さい時から子供に教えてきますよね。それと同様に、汗のニオイに対してもエチケットが必要なことを教えてあげましょう。デオドラントクリームなどは、汗を抑えてくれる役割があり、ニオイになる前にニオイの原因を抑えてくれます。お風呂上がりに塗るように促したり、学校に行く前に塗るように習慣付けてあげることが大切です。

すぐに手術をするのではなく、様子を見ながら、本人の意思に任せてあげることも必要です。体にメスを入れるということは大人でも怖いものですよね。また体だけが傷つくのではなく、子供自身の心も傷付けてしまうこともありますので、親はしっかりと様子を見ながらフォローをしてあげましょう。自分のニオイというのは自覚がないことが多い為、気付かせてあげることが難しい部分はありますが、ケアをしておかないと後から困る状況に陥ってしまう場合もありますので、親も辛いところですが、気付かせてあげるように促すことも必要でしょう。他人から気付かされることによって、子供は深く傷ついてしまいます。たった一つの事柄だけで学校に行くのが怖くなるなんてことも珍しくありません。そうなる前に、親がフォローしてあげることも大切です。

 

おすすめサイトのご紹介⇒⇒子供のわきが対策方法.biz